意外と知られていない酵素ドリンクの副作用

 

酵素は、普段の食事から摂るのはなかなか難しく、酵素ドリンクなどで補うのが効果的と言われています。

 

加工されている物だからこそ気になるのが、副作用の問題ですよね。

 

酵素ダイエットと検索をする

 

  • 副作用
  • 頭痛
  • 腹痛

 

などのキーワードが出てきます。

 

これから酵素ダイエットを始めようとしている方には、ちょっと気になるワードですよね。

 

酵素ドリンクは本当に安全なのか?副作用の心配はないのか?

 

今回は、これらに重点を置いて酵素について説明していきたいと思います。

 

 

酵素ドリンクは健康食品

 

まず、勘違いをしがちなのですが、酵素ドリンクは”薬”ではなく、”健康食品”の部類になります。

 

酵素は、野菜・果物・野草を発酵、熟成した物で食品の部類の為、頭痛・吐き気・怠さなどの副作用はありません!

 

もちろん、使うのは野菜や果物なので残留農薬などの問題は全くないとは言い切れませんが、厳選された原料を使っている酵素ドリンクを選べば問題はありません。

 

酵素はもともと、人間の身体やあらゆる生物の中に存在しています。

 

身体の外から摂取する酵素は、野菜や果物などの食物酵素になります。

 

野菜や果物を食べても副作用がないように、酵素ドリンクの場合も副作用の心配はほとんどないと言えます。

 

ただ、例外として食物アレルギーのある方は、選ぶ酵素ドリンクの中原料をしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

酵素の力で好転反応が起こる場合も

 

もし、酵素ドリンクを飲んだ時に、身体の不調を感じたり、発疹などが現れた場合には成分をしっかりと確認して、

 

医師に相談するなり、使用を中止しましょう。

 

天然素材の原料を使用している酵素ドリンクでも、飲み初めた段階で、下痢や発疹などの症状が現れる場合があります。

 

これは、身体が悪い反応を起こしているのではなく”好転反応”のひとつと言えます。

 

今まで不足していた、酵素を補う亊で体内から毒素や老廃物を排出しようとする働きが高くなります。

 

その為、吹き出物が出たり、お通じがゆるくなったりする場合があります。

 

副作用は良くない症状ですが、好転反応は体内環境が良くなっている課程の症状で、喜ばしい症状でもあります!

 

しかし、症状が長引く際には注意が必要なので使用を中止する亊をオススメします。

 

ダイエットを同時に行なうと食事量が減るので便秘になりやすいということがあります。

 

しかし、酵素ドリンクを飲む亊で便通が良くなる働きがある亊から過剰摂取をすると下痢をしてしまう場合もあります。

 

もし、酵素ドリンクを飲んで下痢が続くようであれば、量を調節してみるのも良いと思います。